大阪へ安く行く方法【東京⇔大阪を飛行機で行きたい】

シェア

大阪へ安く行く方法【東京⇔大阪を飛行機で行きたい】

急きょ大阪へ行くことになり、

東京から大阪へ安く行く方法を調べました。

大阪行きを検討されていて、

大阪へ安く行く方法をお探しの方は、ぜひ参考にしていただきたい。

ちなみに前回の大阪行きは夜行バス。

8時間ほどと移動時間がとても長い。

狭い。

トイレは自由に行けない。

往復で10000円以下と格安なのが魅力なんだけど、

若い人には良いかもしれない。

しかし、30代以上には少しキツイ。

ですので、飛行機を検討していました。

(新幹線は12000~14000円くらい)

まず、

「伊丹空港と関西空港のどちらを選べばよいの?」

と思う方もいるかもしれません。

なんばへいくのに比較をしていきましょう。

【関西空港】

・南海線の急行

・特急ラピート(+510円)

・連絡バス

どれでも約50分です。

【伊丹空港】

・モノレール+阪急電車

・モノレール+北大阪急行

・市営バス+地下鉄

・連絡バス

などありますが、約50分です。

では梅田は?

【関西空港】

・南海線の急行

・JR特急はるか+地下鉄

・連絡バス

どれでも1時間ちょっとです。

【伊丹空港】

・モノレール+阪急電車

・連絡バス

どちらも約30分です。

とにかくアクセス重視!という方は、

「伊丹空港」が便利でおすすめ。

私の出発日で検索してみたところ、

変更不可でも12000円前後。

(注:片道の金額)

キャプチャ

なんと往復で25000~30000円程かかってしまう。

これにホテルなどの宿を含めたら40000円強です。

ムリ、ムリ・・・

そこで色々調べた結果、

成田発 関西空港着ですと、

peachとjetstarが選べることが分かりました。

発着場所を変更するだけで、

peachとjetstarが格安で乗れてしまうんですね。

2

いかがでしょうか?

行きだけでも5000円くらい安くなります。

(手配手数料含む)

peachを選んだ理由は日本の会社ということ。

そして、

jetstarは口コミでの悪い評判が目立ったこと。

更に、

peachの出発は「成田空港(第一ターミナル)」駅だからアクセスも良いです。

南ウィング 1F

↓ ↓

成田空港第一ターミナル

「でもイチゴさん、そこまでの交通費が高いんじゃないの?」

とあなたは思ったかもしれない。

実は東京駅⇔成田空港のジェットバスがあるのです。

京成バスなら片道900円

↓ ↓

京成バス

LCCバスなら片道1000円

↓ ↓

LCCバス

そして、今回はA8ネット経由で申し込んだんだけど、

成果報酬500円。

赤四角枠を見て頂きたいんだけど、

「申込1便毎に成果発生」と書いてある。

ということは往復で1000円発生することになりますね。

3

電車代、航空券代と合わせると、

自宅から10000円以上も節約出来た上、

お小遣いまでゲットしました。

どうしても安く済ませたい!という方は、

今回の「大阪へ安く行く方法」を参考して頂けたら嬉しいです。

あなたは

これからまた時代が変わろうと

しているのをご存知でしょうか?

以前は金が価値を持つ時代があり、

小切手やお金などを主に持った時代もある。

そして、

現在は電子マネーが使われていて、

お金の形がなくなりつつあります。

時代の移り変わりが激しいのです。

では、

これからどういう時代がやってくるのか?

まずは、オーナーの久田氏の動画をご覧ください。

↓   ↓

動画はこちら

情報の一つとして、

勉強しておきましょう。

↓   ↓

無料アプリダウンロード

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加