せどり自己発送の方法と手順

シェア

せどり自己発送の方法と手順

今回は、「せどり自己発送の方法と手順」について

お伝えいたします。

小口の方はおのずと自己発送になるのですが、

大口の方は危険物、植物、温度管理が必要な商品などは

amazon倉庫には送れないのはご存知でしょうか?

そういった場合は販売出来ないという訳ではなく、

FBA倉庫では受け付けてもらえないだけですので、

自己発送をして販売が可能。

また予約販売商品も発売までの間は商品が手元にありませんので、

自己発送することになります。

なぜなら、

発売してからFBA倉庫に送るとなると、

購入者の手元に行くまで

時間がかかってしまうからですね。

FBA納品をしていると自己発送の機会が少なく、

手間取ってしまうはず。

「納品書はどこから出すのかな?」と

もちろん私イチゴも思っていた時がありました。

では、

自己発送して売れた時はどうやって分かるのでしょうか?

注文が入るとアマゾンから「注文確定-商品を出荷してください」

というメールが送られてきます。

7

このメールが来たらすぐに発送しましょう。

購入者はなるべく早く商品が欲しいのです。

出来れば注文が入った当日が好ましい。

大口出品での自己発送にする場合と小口出品の場合は、

発送する際、納品書を郵送箱に入れる必要があります。

もしあなたも、

「納品書?」

「どうやって納品書を出すの?」

思ったかもしれないから、

自己発送においての納品書発行手順をお伝えいたします。

では、

アマゾンセラーセントラル画面にログインしてください。

注文タグ→「注文管理」をクリック。

1

「納品書の印刷」をクリック。

2

A4用紙で印刷をしましょう。

3

印刷が終了したら、

この画面は閉じてOKです。

5

納品書を郵送箱に入れましたか?

発送準備が出来たら、

今度は「出荷通知を送信」をクリック。

6

配送業者を選択します。

伝票番号がある場合は、入力すると親切ですね。

9

今回は購入者が代金引換を選ばれていましたので、

代金引換にチェックをします。

終わったら「出荷通知を送信」をクリックします。

この画面が出たら終わりです。

8

あとは、速やかに発送するだけ。

購入者はどうして欲しいのか?

どうやったら嬉しいのか?

考えながら行動していきましょう。

せどり予約販売【商品のサーチ法とアマゾン出品方法】

の記事はこちらです。

ぜひ参考にしてみてください。

 ⇩  ⇩

せどり予約販売

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加