amazonせどり古物商の必要性【いらない?】

シェア

amazonせどり古物商の必要性【いらない?】

今回は「amazonせどり古物商の必要性」

についてお伝えいたします。

amazonせどりをする上で、

・古物商が必要なのか、

・それとも古物商がいらないのか

気になる方も多いのではないでしょう?

問い合わせでも多いですし、

私イチゴの初心者時代もずーーーっと思っていました。

なぜ古物商が必要なのかというと、

盗品等の売買の防止、窃盗などの犯罪を防止のため。

つまり、売りに来た人や買い取られた商品の

出所を特定しやすいという警視庁の意向ですね。

現実としては全く必要性も感じないんだけど、

法律上では必要になるということですね。

もちろん、

ご自身の判断で行動して頂く必要があるのですが、

amazonせどりをするのなら古物商は必要ですので

取っておいた方が良いです。

amazanせどりの古物商

新品のみ扱う場合や自分の不要品などを売る場合は

必要がない。

では、

どういった場合に許可申請をするべきなのか

というと、「中古品を扱う場合」になります。

もし中古品を扱うという人がいたら、

ぜひチェックしてみていただきたい。

2

上記は古物商が必要になるのだけど、

自分の不要品を売ったり、転売目的ではない場合、

海外で売ってきたものを売る

などは古物商が必要ではない。

「海外で売ってきたものを売る」のは

問題がないというのは不思議ですよね。

古物商の手数料19000円が必要なのですが、

必要書類は個人と法人で異なるので注意していただきたい。

1

古物商許可を持っていると、

古物の売買が行われるオークション会場にも

堂々と参加が出来たりもする。

しかし、

古物商の発行には1~2か月程のタイムラグがあり、

古物商許可が下りるまではamazon側から

販売を止められることもあります。

また出品している商品は取り下げる必要が

あるかもしれません。

ある程度amazonに在庫を持っている方は、

古物商発行のタイミングに注意していただきたい。

amazonだけではなく他の販路を持つ、

複数の収入を持っていれば対応がしやすいですね。

リスクヘッジの準備をしておきましょうね。

最後にまとめると、

国内で仕入れた転売目的の中古品の売買、

輸出においては古物商が必要。

新品や不要品を売る場合、

海外で仕入れた中古品は不必要になります。

では今回の「amazonせどり古物商の必要性」

については以上となります。

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加