amazon出品ではクレジットカードがないとダメ?《アマゾン出店の流れ》

シェア

amazon出店はクレジットカードがない場合は?《アマゾン出店の流れ》

あなたは、

「amazon出店したいのに、

クレジットカードがない」

とお困りではないでしょうか?

私も、

amazon出店する際、

クレジットカードを持っていなかったので、

「もしかしたらamazon出店が出来ない?!」

と思いました。

しかし、

クレジットカードを持っていなかった私が

amazon出店で対応した方法は、

ずばりデビットカードです!

デビットカードは

キャッシュカードなのですが、

・口座から引き出さずにそのまま使える

・限度額が預金内なので使いすぎない

などのメリットがあります。

そして、

VISA、master、JCBなどが付けられるので、

店舗などでもクレジットカードのように

利用が出来るのです。

何度も申し上げますが、

口座にある預金内が限度額です。

amazon出店に関しては、

クレジットカードがない私でも

デビットカードで登録が出来、

一安心・・・

とはいっても、

デビットカードが使えない

店舗やインターネットサイトがありました。

つまり、

クレジットカードが使えるところなら、

どこでも利用が出来る

という訳ではないんですね。

ですので、

いずれはクレジットカードを作ることを

おすすめいたします。

では、次は、

アマゾンに登録する流れをご紹介していきます。

まず、

小口出品と大口出品を選ぶ必要があります。

小口出品は、

月額登録料がありません。

1点売れるごとに成約料100円、

販売手数料やカテゴリー成約料などがかかってきます。

大口については

月額4900円(税抜)+販売手数料が発生します。

発送の手間や、

申請許可が必要なカテゴリーもあるので、

大口出品で、FBAを利用することを

おすすめいたします。

負担が大きければあとから変更可能。

取り扱い出来る商品も増えるし、

注文が入ったら、amazonがFBA倉庫から

お客様に郵送してくれます。

そして、

仕入れとFBA納品さえすれば、

返品作業やクレーム対応まで

ほとんどをamazonがやってくれるのです。

amazonは梱包のプロですし、

注文が入れば即日で郵送を行ってくれます。

自己発送だと

自分で梱包などもやらなければいけません。

仕事や家庭の都合で、

すぐに郵送出来ないかもしれませんよね。

手数料はかかりますが、

手間が少なくなりますので忙しい方、

めんどくさがりの方にはとってもおすすめです。

ここでは、

大口出店の登録の流れで進めていきます。

↓  ↓

amazon出店登録はこちら

amazonにアカウントを持っていない場合は、

先に登録が必要なので

パパッとやってしまいましょう。

大口出店の「今すぐ登録する」をクリック。

あなたのログインするための

Eメールアドレスか携帯電話を入力します。

そして、

初めて出店登録をする場合は、

新規登録にチェックを入れ、

「次に進む」をクリック。

「正式名称・販売業者名」を入力し、

同意にチェックを入れます。

個人名でも構いませんが、

適当な名前を付けると、

購入者は「ここで買って大丈夫だろうか?」

と不安に思ってしまうかもしれません。

何を売っているのか

分かりやすい店舗名を選びましょう。

私はオールジャンルなので、

○○shopとか○○storeをしています。

屋号が決まったら、

「次に進む」をクリック。

このような画面が出てきますので、

下の方の《いいえ》もしくは《小口出店に変更する》

を選択出来ますので、

《いいえ》を選びます

無題2

その後、

ガイドに従いながら、

個人情報や店名などを入力しましょう。

そうすると、

amazonより本人確認の電話がきますので、

画面に表示されたシリアルコードを

プッシュ入力していきます。

amazon出店登録が完了したら、

あとは、

仕入れた商品を出品して販売ができます。

今回は、

「amazon出店でクレジットカードがない場合の対処法」

と「アマゾン出店の流れ」をお伝えいたしました。

参考にしていただけたら、嬉しいです。

あなたは

これからまた時代が変わろうと

しているのをご存知でしょうか?

以前は金が価値を持つ時代があり、

小切手やお金などを主に持った時代もある。

そして、

現在は電子マネーが使われていて、

お金の形がなくなりつつあります。

時代の移り変わりが激しいのです。

では、

これからどういう時代がやってくるのか?

まずは、オーナーの久田氏の動画をご覧ください。

↓   ↓

動画はこちら

情報の一つとして、

勉強しておきましょう。

↓   ↓

無料アプリダウンロード

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加