老後はせどりで食べていけるのか?

シェア

老後はせどりで食べていける?

こんにちは、イチゴです^^

これから「せどり」を始めようと思っている人で

老後もせどりで生計を立てれるのか。

気になる人はいないでしょうか?

せどりって労働収入ではあるんだけど、

老後でも自分の好きな時に出来る。

更に、

どこかに行った「ついで」にも仕入れが

出来てしまうのがメリットなんですよね。

そして、

誰かに雇われている訳でもないので、

せどりは定年などは一切ないです。

老後だって、体力が続く限りせどりが出来るという事。

もし老後にキツくなったらせどり仕入れや納品を

誰かに頼むという手もあります。

そう、外注ですね。

時間も拘束されることもないし、

せどりはネットビジネスなので、

店舗を構える必要もありません(^^)/

imgres16

もちろんお店を持つのも選択肢の一つ。

ですが、

私は居酒屋の店長をやっていますので、

内情は良く分かっているつもりです。

正直、あまりせどりで店舗を持つのはオススメしません。。。

なぜなら、

家賃がかかります。

光熱費や通信費も。

もし誰かを雇うのであれば、

人件費もバカになりません。

住宅なら10万前後で済みますが、

店舗の家賃はかなり高いんですよね。

では、

家賃はいくらくらいなのでしょうか?

場所にもよりますが、

だいたい20~50万くらいはかかります。

店舗の大きさでも変わってきます。

そして光熱費は3~10万。

せどり店舗なら水道代と電気代は最低でもかかるでしょう。

飲食店でも何でも

「お店を持ちたい」と

簡単に言う人がいるんですよね。

スナックやバーであれば常に大量のリキュールの在庫を

抱えることになります。

居酒屋などの食べ物を扱うお店では、

食材やお酒はある程度在庫を抱えないとお店が回らないんです^^;

小さい店舗では1日の売上10~15万が限度でしょうね。

ただこの売上を上げるには一人では結構難しい。

2~3人で回すのが現実的なんだけど、

例えば、

時給1000円でアルバイトを1人だけ雇うとします。

5時間で5000円の人件費がかかります。

(2人雇えば倍になります)

家賃20万で計算するとしたら、

20日営業で日割り1万円ですね。

1日15000円。

これに水道光熱費や食材・お酒のお金がかかる。

消耗品もですね。

ざっと見込んで3万だとしましょう。

そして、

自分の給料も取らなければ生活も出来ません。

(もちろん経費は使えるんだけど笑)

自分の給料を30万だとしたら、

20日で割ったら15000円。

とすると、

最低でも1日6~7万は

1日の売上を上げないといけないんですよね( ノД`)シクシク…

これだけ売上を上げるには、

日々営業です。

営業をしていても

お客さんが一人しか来ない時もあるかもしれません。

どれだけ大変かお分かりになりますか??

飲食店の売り上げは毎年下がっています。

これは「家飲み」が一般的になってきたから。

私の地元は飲食店の激戦区です。

だいたい2~3年は持てば良い。

150

それに引き換え、

せどりの場合は「自宅兼事務所」でも出来るし、

個人事業主としてせどりの経費を落とすことも可能。

ある程度売上があれば会社にしてしまうのもアリなんですね。

慣れてしまえば、

せどりの労働時間はほんの数時間で済みます。

せどりの労働時間は毎日取らなくても

週に1~3日でも良い。

体力的にも、

老後でもせどりは一生続けていける物販ビジネスなんですね。

物販というのは昔からあるビジネスモデルだし、

誰かが何も買わないというのは考えにくい。

1日数万円の利益も出すことも可能なので

難しいことではありません。

1日1万円の利益があれば、

30日で30万円なんですよね。

とすると、

老後はせどりでも食べていけるんですよね。

諦めずに頑張っていきましょうね^^

「せどりのメリット・デメリット」の記事はこちらです。

参考にどうぞ!!

  ↓    ↓    ↓

http://ichigosedori.com/post-1243/

あなたは

これからまた時代が変わろうと

しているのをご存知でしょうか?

以前は金が価値を持つ時代があり、

小切手やお金などを主に持った時代もある。

そして、

現在は電子マネーが使われていて、

お金の形がなくなりつつあります。

時代の移り変わりが激しいのです。

では、

これからどういう時代がやってくるのか?

まずは、オーナーの久田氏の動画をご覧ください。

↓   ↓

動画はこちら

情報の一つとして、

勉強しておきましょう。

↓   ↓

無料アプリダウンロード

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加