ICレコーダーへの音声の取り込み方【おすすめ勉強法】

シェア

ICレコーダーへの音声の取り込み方【おすすめ勉強法】

最近新しくICレコーダーを入手しました。

早速音声をICレコーダー本機に取り込みをしたのですが、

聴こうとすると、

「ファイルがありません」

とICレコーダーからの返答・・・

今度はSDカードに音声の取り込みをしてみた。

説明書を見て、何度も取り込みしてみたが、

やっぱり「ファイルがありません」を返ってくる。

音声が聴けないととーーーーっても困る!

そして、

数時間の格闘した後、

諦めてICレコーダーの発売元パナソニックに問い合わせ。

そうしたら、

すんなりと音声が聴けるようになりました。

「説明書の意味がない!」と心の中では思っていたのですが、

取り込みをした音声が聴けることに感動。

ちなみに、

私イチゴが使用しているICレコーダーはコレ

  ↓  ↓

・可動式本格クリアズーム録音

・「フォーカス再生」機能搭載

・集音機能

などが搭載されていて、とっても使いやすい。

もっと小さい方が良いというあなたには、

こちらのスティックタイプがおすすめ。

        ⇩    ⇩

音声の取り込み方はとっても簡単です。

ICレコーダー本機に音声を取り込みたい時は、

本機に付いているUSBをパソコンに差す。

そうすると、

勝手にファイルが開かれます。

「MUSIC」ファイルに音声を入れるだけ。

キャプチャ

「なぜ、こんな簡単なのに、

イチゴさんは音声を聴けなかったの?」

とあなたは思ったかもしれません。

通常ならこのように音声を取り込みのが正しいのです。

2

ですが、

私はファイルの中に音声の取り込みをしていた。

2

そうすることで、

ICレコーダーから音声が聴けないという現象が起こりました。

もしICレコーダーで音声が聴けないということがあったら、

ぜひ参考にしてみていただきたい。

あなたはせどりやネットビジネスの勉強は、

どのようにしているでしょうか?

勉強法といっても、

動画やPDF、ブログ、音声など様々あるのですが、

私イチゴの勉強法は主に音声が多い。

なぜなら、

移動時間や何かをしながら勉強が出来るから。

これがPDFだったら、ダウンロードを毎回したり、

勉強するには持ち歩かないといけない。

動画だったら、見続けないといけなかったりする。

音声の場合はダウンロードさえしておけば、

いつでも聴けて、いつでも勉強出来るのでとっても便利なのです。

勉強の時間は大切。

しかし、

インプットの時間を多く取って

稼ぐための行動・実践が少なくなってしまうのは非常にもったいない。

限られた時間を勉強に費やすよりも、

実践を多く取った方が限りなく成功に近づくことが出来る。

本業があるなら尚更。

せどりやネットビジネスは、

「マインド」がしっかりしていないと継続するのが難しい。

常にインプットが出来る環境を自ら作ることで、

ぶれにくくなる。

ですので、

いつでもどこでも、インプットが出来る音声はとってもおすすめ。

もしあなたがまだ音声の勉強法を取り入れていないなら、

ぜひやってみてください。

では、今回は「ICレコーダーへの音声の取り込み方」についてお伝えいたしました。

ありがとうございました。

イチゴの無料メールマガジンの

「せどりコミュニケーション」はこちらです。

↓   ↓

メールマガジン

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加