初めての海外旅行ハワイ・基本情報【hawaiiが好き♪】

シェア

初めての海外旅行ハワイ・基本情報【hawaiiが好き】

summer

ハワイが大好き

あなたは海外旅行・ハワイへ行ったことがありますか?

私の初海外旅行・ハワイは遡ること20年以上前。

16歳の時、

家族旅行でハワイに行きました。

それからというもの

ハワイに魅了されアルバイト代を貯め、

何度も何度も行きました。

え?ハワイが何でそんなに良いかって?

キレイな海・風景・空気・のんびりした南国の雰囲気

B級グルメなどの食事・買い物・・・

全てが良いです!!

「いやいや、イチゴさんそんな説明じゃハワイの魅力が全く伝わってこないよ」

と思ったあなた。

その気持ちはとっても分かります。

ですがね、

行った人にしか分かりません。

私の知り合いでは、

「ハワイなんて、みんなが行くところだからイヤだし、

私は絶対好きにならない」

と言っていましたが、完全にガラッと変わりました。

3か月ごとの観光ビザの間はハワイに住み、

日本に帰ってきてはお金を貯め、

また3か月間ハワイに行き・・・

という生活をしてしまった人までいます。

それほどハワイは魅力的なのです。

「日本人はハワイが好き」です。

ハワイへ行った人の9割はハマって帰ってきます。

あ、ただ一人だけ、

ハワイが好きにならなかった人がいました。

私の妹です。

感化されやすい15歳で初ハワイに行ったのにも関わらず、

それから一度もハワイに行きたいと言ったことがありません。

海外旅行もその1回だけ。

「日本が好き」の一点張りでした。

私も日本が大好きです。

ですが、

島国の日本の中にいては知りえなかった知識・経験・考え方・文化などに

触れられるのが海外旅行です。

世界は広いのです。

ですので、

一度は日本から飛び出てみても良いのではないでしょうか?

またそれで「日本が好き」だと実感できることもありますし、

「もっと世界を見てみたい」と思うかもしれません。

色々なものを見て、体験して、

生きる喜びを感じる。

人生は1度しかありません。

ちなみに、

初ハワイ・初海外旅行で行った時、

ある人物に「タバコちょーだい」と言われました。

「お、いいよ」

とタバコを1本あげたら、

あとから姉に「あれ、ホームレスだよ・・・」と言われて、

恥ずかしかったことがあります。

日本のホームレスは相当肌が黒んで「汚い」イメージがあったのですが、

ハワイのホームレスは普通の人に見えました。

今では見分けも付くのですが、

16歳のイチゴには分からなかったのです。

あれは、何でしょうね。

海やビーチにあるシャワーで体を洗っているのでしょうか^^;

「あれ、イチゴさん16歳?タバコ??」

と思ったとしても、

もう時効ですからスルーして頂けたら幸いです(笑)

ハワイは、日本からは6~8時間ほどで到着します。

風向きの具合によって、

行きと帰りのフライト時間が変わります。

格安ツアーでしたら、

5万円台~行く事も可能ですし、

気候もカラッとしているので、

室内では涼しく過ごしやすいです。

では、

「ちょっとハワイに行ってみても良いかも・・・」

と思ったあなたに

今回は、初めての海外旅行ハワイの基本情報をお伝えいたします。

まずは海外旅行ハワイの基本情報から。

1959年に晴れてアメリカ合衆国の50番目の州

なったハワイ州。

人口は約143万人

面積は約1万6635㎢です。

ハワイ州は島々が連なっているのですが、

主要6島あります。

・ハワイ島(Hawaiʻi Island)

・マウイ島(Maui)

・ラナイ島(Lānaʻi)

・モロカイ島(Molokaʻi)

・オアフ島(Oʻahu)

・カウアイ島(kauaʻi)

の他に、

カホオラヴェ島(Kahoʻolawe)、ニイハウ島(Niʻihau)など。

ハワイと日本の時差は19時間ですが、

国際日付変更線を越えるため、

日本時間で午前12時ならハワイでは前日の午前5時になります。

たとえば、

ハワイで月はじめの1日午前5時なら、

日本では2日午前12時。

ハワイの州税は4.166%です。

オアフ島のみ4.712%(ホノルル郡付加税が加算されている)

ホテルでは更に、9.25%の税金。

初めての海外旅行ではチップ制なのを忘れて、

渡さない人もいるようですが、

サービスをしてもらったら渡してくださいね。

日本とは違い、

チップは給料の一部に考えられていますし、

時給なども正直安いです。

例えば、

・レストランでは、金額の15~25%

60ドルの会計なら9ドル~15ドル

普通のレストランと高級レストランとで変えてください。

・タクシーでは、10~15%

30ドルの金額だったら3~5ドル

・ハウスキーピング 1~2ドル

コインではなく、紙幣で渡すのが普通ですが、

サービスが悪すぎてチップを渡したくない場合は

渡さなくても大丈夫です。

ただ、

不愉快な感じにならないくらいのサービスでしたら、

渡しましょう。

チップを渡すタイミングも気になると思うので、

説明しておくと、だいたいは会計時に渡します。

とっても満足できるサービスをしてもらったら、

多めにチップを渡してもOKです。

ハウスキーピングの場合はあまり会うことはないので、

ベッドサイドなどのテーブルなど目立つところに置いてください。

もちろん、

部屋を散らかしてしまったなという時は

多めに2ドルを置く時もあります。

バンバン払う必要もないですが、

ケチケチし過ぎない方が良いです。

日本円で言っても100円、200円の世界ですから。

また、

ファーストフード店・スーパーなど

ではあまり渡すことはありません。

あ、

あと大事なことを伝えておきます。

人と関わった時には、

必ず「Thank you!!」と言いましょう。

日本では、

コンビニやスーパーで「ありがとう」と言うのは、

恥ずかしいかもしれませんが、

日本を出たら言ってくださいね。

レジを打ってもらったら、

「Thank you!!」

何かをしてもらったら、

「Thank you!!」です。

良い文化だと思いませんか?

ハワイに限ったことではありません。

私はアメリカにしか行ったことがありませんが、

(アメリカは)どこでも「Thank you!!」は口癖のように言います。

日本ではサービスをしてもらって当たり前に

なってしまっている場合もありますが、

「ありがとう」と感謝を伝えるのはとっても良いことです。

ぜひ「Thank you!!」「ありがとう」は

海外でも日本でもどこでも言ってくださいね。

言われた方は嬉しいものですよ^^

今回は、

初めての海外旅行ハワイの基本情報をお伝えいたしました。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

あなたは

これからまた時代が変わろうと

しているのをご存知でしょうか?

以前は金が価値を持つ時代があり、

小切手やお金などを主に持った時代もある。

そして、

現在は電子マネーが使われていて、

お金の形がなくなりつつあります。

時代の移り変わりが激しいのです。

では、

これからどういう時代がやってくるのか?

まずは、オーナーの久田氏の動画をご覧ください。

↓   ↓

動画はこちら

情報の一つとして、

勉強しておきましょう。

↓   ↓

無料アプリダウンロード

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加