肌荒れの悩み【原因は洗顔の仕方だった?】

シェア

肌荒れの悩み【原因は洗顔の仕方だった?】

肌荒れすると、何が原因か気になりませんか?

もしかしたら

洗顔の仕方が原因が

あるかもしれません。

洗顔といっても、

ただ洗顔料で洗えばだいたい綺麗になる。

と思ってしまいがち。

ですが、

ちゃんと正しい洗顔のやり方があるんです。

実際、私も小鼻の汚れやニキビが気になり、

洗顔料で1日に何度も顔を洗う。

そして、

顔がカピカピになったり

脂っぽくなったり。

肌トラブルが絶えませんでした。

正しい洗顔の仕方を学んで、

実践したところ、肌荒れが少なくなり、

今ではほとんどニキビができません。

肌荒れで悩んでいる人は、

一度ご自分の洗顔の仕方を

見直してみてください。

そして、

正しい洗顔の仕方を身に付けることで

悩んでいた肌荒れも治る可能性大です。

まず、ポイントとして、

ダメな洗顔の仕方を紹介します。

・熱いお湯、冷水で、洗わない!

ついやってしまいがちなのが、

シャワーを浴びながらの洗顔ですね。

この時期は寒いので

熱いお湯でそのまま洗顔しがちですがNGです!

また、朝の洗顔などで、

目を覚ますために冷水を顔にかけるのもNG!

40度以下のぬるま湯で、顔を洗うとベストです。

・ゴシゴシ洗わない!

ゴシゴシ顔を洗うと、

摩擦が起こり、肌荒れの原因になります。

また、気になるところを長く洗うのも、

あまりよくありません。

表面の皮脂やほこりを優しく落とす

イメージで洗うと良いでしょう。

・泡をたてない!

洗顔といったら、

必ず泡をたてることをオススメします。

泡をたてずに、

顔を洗うと、

摩擦が起こり肌を痛めてしまい逆効果です。

泡をたてるのが面倒なら、

泡で出てくるタイプのものや、

100均で売ってる泡をたてるやつを使うと便利ですよ。

・洗いすぎない!

意外と肌荒れで悩む人は、

顔を洗いすぎていたりしませんか?

顔を洗いすぎると、

皮脂が余計に分泌されて、顔がギトギト。

気になってまた洗ってしまう・・・

という悪循環が起こったりします。

実際、

私自身も、洗いすぎて、

顔が脂っぽくなってしまいました。

1日に1回洗顔料で洗うくらいがベストです。

これさえ守れば、

肌荒れに悩むことも少なくなると思います。

~正しい洗顔の仕方~

それでは、

いよいよ正しい洗顔の仕方を紹介していきます。

・最初に手を洗うこと。

汚れた手で顔を洗うと、

せっかく洗顔しても、

汚れが手から顔に移ってしまう。

そうすると、

意味がないからです。

まずは、

手から綺麗にしましょう。

・泡だてた洗顔料で、顔を洗う。

必ず泡をたてた洗顔料で、

皮脂の多いTゾーンからのせて、洗うといいです。

おでこ→鼻→頬→目元、口元

といった感じで、

優しく円を描くように洗ってみてください。

・ぬるま湯で、すすぐ。

少しぬるいと感じる程度のぬるま湯で

なるべく長めに、まんべんなくすすぐと良いです。

泡が残っていると、

汚れも一緒に残っていることがあります。

泡が残らないように、すすぎをしっかりしましょう。

・タオルで顔を押さえるように拭く。

タオルでゴシゴシ顔を拭くと

摩擦がおき、肌荒れの原因にもなり得ます。

ですので、

タオルで優しく包み込み、

優しく押さえる。

水分を拭き取るといいです。

まとめ

今回、洗顔についてお伝えしましたが、

こんなにも注意することが多いことに改めて気づきました。

 

また洗顔料も自分にあったものを

選ぶと肌トラブルを防げて、

美肌になるので、

自分にあった洗顔料を探してみるのもいいですね。

 

正しい洗顔のポイントは、

「摩擦を起こさない」
「負担をかけない」

洗い方をすることが、重要です。

 

普段、何気なくやってる洗顔も、

気を付けるポイントを押さえておきましょう。

 

そして、

肌荒れを防ぎ、

美肌になれるきっかけにしてくださいね。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

 

 

 

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加