【amazonからの知的財産権通知メール】守るにはどうする?

シェア

【amazonからの知的財産権通知メール】守るには?

img_4

「amazonからの知的財産権を侵害した」という、

通知メールが来たことがあるでしょうか?

「知的財産権とは何なのよ?」

と思ったあなたに簡単に説明すると、

価値がある情報や物を「特定の者が独占できる権利」のこと。

知的財産権を侵害すると、

amazonでの出品停止になる。

実は先日、

私イチゴに販売元からamazon経由で、

知的財産権通知メールが来た。

キャプチャ

「おぉ!!」

と少し喜んでしまった。

なぜかというと、

仕入れる前から、

「怪しい・・・」と思っていたから。

知的財産権通知メールが来るような気がしていたんだよね。

そして、

今までamazonから知的財産権通知メールが来る人は数多くいたのだけど、

自分ごとに捉えていなかったし、

まだまだ先の事だと思っていた。

あくまで私にとって挑戦だった。

2

同じ出品者から2ユニット分の通知があったのですが、

ご親切に3日間の猶予を設けていただけた。

ですので、

1ユニットは売り切ったし、

もう1ユニットを別の販路で販売すればOK。

ところで、

知的財産権を守るには、どうすれば良いのか?

私イチゴが「怪しい」と思った理由は、

仕入れようとしていた商品の出品者が極端に少なかったから。

しかも、

出品者のコンディション説明には、

「○○○の正規販売店は当ショップのみです。

当ショップ以外から購入された場合の品質保証は一切できかねます。

※類似品にご注意ください※」

と記載があったんだよね。

あなたもこれからamazonからの知的財産権通知メールが

来る可能性があるから、

気を付けていただきたい。

最後にまとめると、

知的財産権とは、

価値がある情報や物を「特定の者が独占できる権利」のこと。

知的財産権を侵害してしまうと、

amazonでの出品停止になってしまう。

ただ、

怖がらないで頂きたいのは、

数日間の猶予があるので期間を過ぎなければOKということ。

知的財産権を守るには、

・仕入れようとしていた商品の出品者が極端に少なくないか?

・出品者のコンディション説明を見て、正規販売店と記載はないか?

というのを確認しましょう。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

そうそう、

amazonから「FBA危険物取り扱いセミナー」のお知らせがきました。

3

FBAでは危険物の納品が出来ないのはご存知かもしれないんだけど、

納品しようとすると、

「危険物だからダメよ」と言われてしまう。

「FBA危険物取り扱いセミナー」を受ければ、

堂々と危険物を取り扱うことが出来るし、

何より面倒な自己発送を減らすことが出来る。

という訳で、

amazonからのお知らせメールが段々と多くなってくるので、

あなたもせどりをぜひ楽しんで続けていただきたい。

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加