カテゴリー申請の条件は請求書が必須【カテゴリー申請の仕方】

シェア

カテゴリー申請の条件は請求書が必須【カテゴリー申請の仕方】

カテゴリー申請の必須条件が変更になり、

請求書が必要になったのはご存知でしょうか?

実はつい1~2か月前までは納品書があれば、

カテゴリー申請が出来ていたのですが、

また審査が厳しくなり、現在の必要書類は請求書になりました。

カテゴリー申請の許可が下りた方が、

仕入れる幅が増えるし、

ライバルも減るからぜひ挑戦していただきたい。

カテゴリー申請の請求書には条件がありますので、

必読しましょう。

【請求書に最低限必要な要件】

・オンライン小売業者で購入した商品の納品書は審査対象外

・小売業者で購入した商品の請求書は審査対象外

・レシート、領収書および納品書での審査はNG

・継続的な仕入れ・販売を判断できる購入数がある

同一商品が3点以上納品されていることが確認できる請求書、

なおかつ

・仕入れた商品名 (該当するカテゴリーの商品であること)

・90日以内の納品日また購入日が明記されたもの

・仕入先(発行主)の名称(法人名)+住所

・出品者の名称 および 連絡先(住所、電話番号、EMAIL、Websiteのいずれか)

さて、

「請求書も用意が出来たぞ!」

というあなたには、

「カテゴリー申請の手順」をご紹介しますので、

参考にしながら進めてください。

アマゾンセラーセントラル画面にログインします。

右側のヘルプをクリック。

1

この画面が出たら、

「問い合わせ」をクリック。

2

問い合わせ画面では、

「在庫と商品情報」→ 「商品登録および出品申請」をクリック。

3

「商品登録または表示」にチェック。

4

「出品申請が必要なカテゴリーを表示し、申請する」をクリック。

5

申請をしたいカテゴリーの「要件と申請」から、

「出品要件を確認」をクリック。

7

条件が載っていますので、確認しましょう。

2

画面下には、規定などもあります。

・「正規品、並行輸入の定義」

・「ビューティー指定ブランドリスト」

・「商品登録ルールについて」

・「禁止商品」

・「商品名について」

・「商品名の注意点」

違反してしまうと、

「アカウント停止」などのペナルティがある可能性があるため、

しっかり読んでください。

「出品を申請」をクリック。

1

質問に答えながら進めてください。

3

商品の数は少ないと審査が通らないことが多いので、

「101-1000」もしくは「1000以上」を選びましょう。

こちらもチェックしたら、「続ける」とクリック。

4

「請求書1点」にチェックを入れたら、

「続ける」をクリック。

5

「請求書の要件」では、

「ご自分の請求書は不備がないか」を確認してください。

OKでしたら、

「同意します」をクリック。

キャプチャ

請求書が

・紙面の場合は写真を撮る

・インターネット上の場合はファイル

などをして、アップロードをします。

7

追加情報を入力したら、

「続ける」をクリック。

9

下記の項目を入力したら、

「申請内容の送信」をクリック。

10

以上です。

問い合わせでよく

「1つごとに出品申請しないといけないんですか?」とありますが、

1つでもカテゴリー申請が通ってしまえば、

商品ごとの出品申請はしなくて大丈夫です。

ですので、

食品&飲料のカテゴリーで一つの商品が通れば、

そのカテゴリーは何でも出品が可能になるということです。

ちなみに、

「カテゴリー申請の審査基準は、公開されていません。」

もちろんamazonに質問をしても教えてくれませんので、

要注意。

もし、

「最新のカテゴリー申請に通った」という方がいましたら、

知りたい人がたくさんいますので、

情報共有をして頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。

出品許可が必要なカテゴリーの記事はこちらです。

参考にしてみて下さい。

   ⇩   ⇩

amazon出品許可が必要なカテゴリー

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加