amazon支払い方法の設定【自分の画面にはコンビニ払いがない!】

シェア

amazon支払い方法の設定【自分の画面にはコンビニ払いがない!】

こんにちは、イチゴです。

ふるさと納税で寄付したので、お米が届きました。

5kg×3袋=15kgもドカッと。

しかも今日お米を買ったばかりです(笑)

1人では食べきれないので、

家族にあげます。

1

実は、A5ランクのステーキ肉も冷凍庫にあります。

1kg分です!!

これはパーティーするしか方法はありません。

では、本題に入ります。

読者の方から、

「amazonセラーセントラルの自分の画面にはコンビニ払いなどがありません。

なぜでしょうか?」

と質問をいただきました。

そういえば、

私イチゴも初心者時代は同じように思っていたことがありました。

「イチゴさん、どこの事を言ってるの?」

と思ったあなたへ。

ここの赤い四角い枠部分です。

      ⇩

1

大口出店の方は、

ご自分のamazon支払い方法をチェックしてみて下さいね。

もしかしたら同じことを思っている方もいるかもしれませんし、

まだ気づいていない人もいるかもしれません。

単刀直入に申し上げますと、

設定するだけです。

この支払設定はamazon販売するときに、

あなたの武器に変わってくると言っても過言ではありません。

お客様からしたら、

支払い方法が少ないよりは、選べた方が嬉しい。

もしあなたが良い商品を売っていたとしても、

お客様の使いたい支払い方法がなかったら、

他の出品者の方で購入してしまうかもしれませんよね。

1つでも多く、

差別化が出来るところはしていきましょう。

もしまだの方は、

ぜひ一緒に設定していってください。

では、

amazonセラーセントラル画面にログインします。

右上の「設定」→ 「出品用アカウント情報」をクリック。

5

出品用アカウント情報画面で

「支払い方法の設定」をクリックします。

6

出品用アカウント情報画面で「編集」をクリック。

5

無効になっている場合は

各項目の「有効にする」の横にチェックを入れます。

7

「送信」して終了です。

新規出品者の場合は、始めは代金引換がないかもしれませんが、

購入者はコンビニ支払を求める傾向にありますので

あまり気にしなくて構いません。

また追加されたら代金引換も変更しましょう。

まずは支払い方法をコンビニ支払に変更すること。

これだけでも小口とは差別化出来ますからね^^

予約販売の自己発送の登録方法は、

こちらをご覧ください。

  ⇩   ⇩

http://ichigosedori.com/amazonsedorihassoutouroku-yoyakuhanbai/

あなたは

これからまた時代が変わろうと

しているのをご存知でしょうか?

以前は金が価値を持つ時代があり、

小切手やお金などを主に持った時代もある。

そして、

現在は電子マネーが使われていて、

お金の形がなくなりつつあります。

時代の移り変わりが激しいのです。

では、

これからどういう時代がやってくるのか?

まずは、オーナーの久田氏の動画をご覧ください。

↓   ↓

動画はこちら

情報の一つとして、

勉強しておきましょう。

↓   ↓

無料アプリダウンロード

シェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加